ラベル 新サービス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 新サービス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017/01/22

新サービス

ある程度できると思わなければ、やりませんよ。

2015/11/28

翻訳が後5年で消滅すると仮定して・・・。

後5年で翻訳という仕事がなくなると仮定して(この記事をご覧下さい)、色々考えてみました。

ホテル業界からAirbnbが生まれたのではない。

タクシー業界からUeber が生まれたのではない。

翻訳業界から機械翻訳が生まれたのではない。

業界をひっくり返す新サービスは他業種から生まれる。

同業界からは自身の業界が儲かるアイデアしか生まれない。自身の業界が滅びてしまうアイデアを思いついても提案するはずがない。

新サービスはお客さんが必要だと感じる必要がある。

だから新サービスは他業種から生まれる。


こんなアイデアはどうかしら!

2014/03/25

各種セミナーを開催します(予定)

6月頃からですが、新サービスとしてセミナー開催をいたします。まだセミナーの内容は検討中ですが、以下のようなものを考えています。

  • 特許翻訳料金削減方法
  • トランスレーションメモリを使って翻訳を一元管理する方法
  • 御社の特許翻訳案件をプロジェクトマネージメントする方法
  • クラウド翻訳システムを事務所に導入する方法、等

また共同でセミナーを開催していただける事務所様や団体様も募集しております。ご興味がある事務所様はご連絡下さい。

HP (JP): http://www.mktranslationfirm.com/
HP (EN): http://mktrans.jimdo.com/
Cloud Translation Technologies: http://cloudtranslationtechnology.wordpress.com/
twitter: @mktrans_news
#honyaku #patent #translation #j2e #e2j

2014/02/24

【新サービス】 テキスト図面挿入サービス

これまでずっとクライアント様のご指示通り、図面訳はベタ打ちして納品していました。クライント様の方でベタ打ちされたテキストをどのように図面に挿入されているのかは関知しませんという方針でした。

今後、定価をお支払いただけるクライアント様に対しては図面にテキストを挿入した上で翻訳を納品する方針に変更しました。

殆どのクライアント様の場合、事務担当の方が手作業で図面の該当箇所にベタ打ちされた図面訳を入れておられます。結構な手間であることは存じ上げておりました。それなら図面へのテキスト挿入作業も翻訳会社にアウトソースすれば事務担当者様には喜んでいただけるだろうと思いました。

弊社(翻訳側)のとれば、図面をベタ打ちして納品する方法では、図面訳だけを本体の納品日より5日ほど先に納品するよう求められることが多いのです。実は、翻訳する側にとればこの5日が問題になっていました。やはり5日間の間に本体側に修正を入れると図面訳も修正を加える必要がでてきます。修正はクライアント様にご連絡すれば済むことですが、もし可能ならギリギリまで本体訳も図面訳もお時間を頂戴したいというのが本音です。

ですので、クライアント様にとっても翻訳する弊社にとっても図面訳は図面に直接挿入した方が都合が良いという結論に至りました。

本サービスにご興味のあるクライアント様はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

*なお本サービスに定価をお支払のクライアント様に限定させていただいております。
*MS Powerpoint、Visio 以外のソフトウエアの場合、PDFファイルで納品いたします。ソフトウエアによれば直接挿入できない場合もございます。
*MS Powerpoint、Visio 以外のソフトウエアの場合、弊社の取引業者が作業を行います。
*他社様が翻訳したものであってもテキスト挿入だけを承ることが可能です(5000円(税別))。

HP (JP): http://www.mktranslationfirm.com/
HP (EN): http://mktrans.jimdo.com/
Cloud Translation Technologies: http://cloudtranslationtechnology.wordpress.com/
twitter: @mktrans_news